小顔になれる|理想の自分になるチャンスがある

手術をする箇所と特徴

カウンセリング

どの部分を手術すべきか

女性であれば誰でも小顔に憧れるものです。骨格や頬の肉付きなどによって、顔の形や大きさは様々ですが、どんなタイプでも整形手術で小顔になる事が出来ます。整形手術をする箇所によって方法が異なりますので、自分の顔の特徴を把握してどの個所を整形すべきか、事前に理解しておきましょう。例えば頬骨が出っ張ってる場合は、頬骨の前部を細くする為に骨削りを行うのが一般的です。手術は口内から行いますので、顔に手術痕が見える心配はありません。エラがはってる場合は、出っ張ってる部分を全て削ります。この場合も手術痕が残り難い手術を実施しますので、心配はありません。整形手術によりエラが無くなると、かなり小顔としての印象を与えやすくなります。その他には下顎を整形手術する方法があります。下顎を削る事でシャープな印象を与える事が出来ます。顎の出っ張り具合や削る部分によって、小顔の見え方も変化します。事前にカウンセリングをしっかり受けて、術後のイメージをしっかり持ってから手術を受けるようにしましょう。

手術を受ける前に

小顔の整形手術を受けるに当たり、いくつか注意しておく必要があります。まず初めに、整形手術に関わる痛みについてです。手術前に麻酔を打つので、手術中に痛みは感じませんが、麻酔が切れると痛みを発する事があります。通常は、痛みは2〜3日程度で引いていきますので長引く心配はありません。そして、小顔の整形手術を受けた後は、1〜2週間程度腫れが残り、その後徐々に腫れが引いていきます。手術当日は、シャワーを浴びる事は厳しいですが翌日から可能な場合が多いです。また入浴については、手術後約3日くらい経ってから入る事が可能です。他にも、切開手術をしない場合は感染症のリスクはありませんが、切開手術を行う場合は感染症の可能性を理解しておくべきです。最後に手術費用についてです。手術の方法によって費用はまちまちですが、10万円以上かかるケースが多いです。支払方法も含めて、手術費用の確保はしっかり準備しておきましょう。