小顔になれる|理想の自分になるチャンスがある

太って見える大きな顔

笑う女性

ダウンタイムの少ない治療

顔が大きくみえるのはむくみや脂肪、骨格やエラなどが原因です。小顔になるために小顔ヨガや美顔ローラー、整体、マッサージなど様々な方法を試している人もたくさんいます。これらは持続的に行うことが必要で、その時は結果が出ても気を抜いてしまうとすぐに元に戻ってしまいます。顔が大きいと痩せているのに太って見えたりすることもあり、気に入った洋服もサイズはあっているのに似合わなかったりすることもあります。おしゃれな女性にとって小顔になることは、大切な問題なのです。最近は小顔になるために整形に頼る人も多くなっています。初心者にはプチ整形と呼ばれる、メスを使わない治療がおすすめです。これは施術時間も短く、術後の腫れや痛みなどのダウンタイムも少ない整形です。脂肪が付きすぎた顔の場合には、脂肪溶解注射が効果的です。脂肪溶解注射ではタンパク質化合物などの薬剤を患部に注入することで、脂肪をタンパク質とともに体外に排出させる働きがあります。これは脂肪細胞を減らすことができるので、リバウンドしにくい整形です。

エラが原因の場合は

ヒアルロン酸注射をして、フェイスラインを整えることで小顔にすることもできます。美人の条件の一つにEラインというものがあり、鼻先と唇、アゴが一直線で結べるとバランスのいい横顔になります。ヒアルロン酸を注射してアゴの形や鼻先の高さを整えることで、顔全体がスッキリとして小顔に見せることができます。ボトックス注射は筋肉を麻痺させて、その収縮を抑えエラなどを小さくする整形です。ボツリヌス菌の毒素から精製した薬液ですが、毒素と聞くとちょっと怖い感じもする人がいるかもしれません。しかしこれは医療用にも使われる薬なので、心配する必要はありません。顔のエラが筋肉ではなく骨格が原因だったりすると、切開して骨を削る必要があります。切開施術は手術時間や費用はプチ整形などと比べても大きな金額になりますが、半永久的な効果が得られます。一方で、ヒアルロン酸やボトックス注射は効果が半年から数年程度しか続かないので、定期的な治療が必要です。切開手術は一度すればあとは治療の必要はありません。長い目で見れば切開した方が費用の点ではお得かもしれません。