小顔になれる|理想の自分になるチャンスがある

小顔になれる治療方法

男性医師

様々な種類の施術方法

小顔になるための整形手術は一つではなく、様々な種類があります。エラや頬骨、あごなどの骨を削るものから、注射などで手軽に行うことができるものまで様々です。その人の顔の形などによってどのように小顔に整形するか、施術方法も変わってきます。顔の骨格が大きい場合は、骨を削る手術をすれば小さくすることができます。しかし、手術を行う場合はダウンタイムも含め落ち着くまで時間がかかる他、痛みを伴うこともあります。エラが張っている場合は、骨が出ている場合と筋肉が発達している場合があります。筋肉が発達している場合は、削るのではなくボトックス注射を行うだけで効果があるのでおすすめです。また脂肪によって顔が大きくなっている場合は、脂肪を取り除くことにより小顔に整形することができます。脂肪吸引はもちろん、脂肪溶解注射などを気になる部分に注射してあげるだけで小顔になることができます。大規模な整形は嫌だという人も、注射なら痛みや腫れなども少ないため施術を受けることができます。

注射にも多数種類がある

小顔のための整形で知っておくとよいのは、メスを使う施術ではなく注射だけで小さくすることができるということです。メスや麻酔を使う施術はどうしても術後に腫れや痛みがでてしまいます。また、手術なので金額も高いものが多いというのが印象です。しかし注射の場合は、腫れや痛みも少しなだけでなく施術時間も10分程度と短いというメリットがあります。また注射にも様々な種類があるため、自分の望む小顔になるための施術を見つけることが大切なのです。ボトックス注射は筋肉で発達したエラに効果があったり、頬や二重顎の脂肪には脂肪溶解注射、脂肪分解注射などが最適です。脂肪分解注射や脂肪溶解注射は、整形外科によって含まれる成分などが異なるため、調べておくことが大切です。また顎にヒアルロン酸注射を行うと、シャープな輪郭になり理想の横顔になることができるます。このように注射だけでも多数の種類があるため、自分がどのようになりたいのかしっかりとカウンセリングしてから施術を行うことが大切です。