小顔になれる|理想の自分になるチャンスがある

小顔になれる治療方法

男性医師

小顔整形には、エラや頬骨、顎の骨を削るだけでなく、注射によってエラを小さくしたり脂肪を取り除いたりすることができます。注射だけでも多数の種類があるため、自分の理想の小顔を作るには事前にカウンセリングをきちんと行うことが大切です。

もっと知ろう

理想的な輪郭をつくる手法

美容整形

美容整形の技術を用いて小顔をつくり出す為にはフェイスラインに変化を与える事が必要です。これは顎の骨を削る外科的な手法だけではなく、顎の形を整える方法や頬の脂肪を除去する事でも小顔効果を得ることが出来ます。

もっと知ろう

手軽に受けられる施術

鏡を見る中年女性

タイプに応じた施術方法

フェイスラインを整えることによって小顔を得ることができます。小顔を得るためには整形手術だけでなく、マシンを使ったり注射をしたりといった施術方法もあってダウンタイムが少ないことが特徴です。顔のタイプによって小顔整形の施術方法が異なります。大きく4通りに分かれて、えらが張っている場合、頬やあご周りに脂肪が蓄積している場合、たるみによる場合、あごが小さすぎる場合です。えら張りの原因のあごの筋肉の発達を阻害するためにボトックスを注射します。効果は半年程度続きますが、複数回行うことで長期間の効果が期待できます。脂肪が蓄積している場合には、脂肪吸引の整形手術を行うのが最も効果が大きく、マシンや注射を使ったダウンタイムの少ない施術方法を選択することもできます。たるみを解消するにはフェイスリフト整形手術を行うことで小顔が手に入れられます。たるみの解消にマシンを使う方法もあります。あごが小さすぎる場合には、ヒアルロン酸等を注射することが多いですが、シリコン素材を手術によって挿入する手術もあります。

施術をしてもらう医師

小顔を手に入れるには、整形手術だけでなく、マシンや注射が選べるようになって手軽に施術を受けられるようになりました。しかし、手軽に施術が受けられるといっても施術前後で顔全体の印象が大きく変わりますので施術をしてもらう医師はしっかり選ばないといけません。小顔になるためには顔を大きく見せている原因に合せた施術を行わなければいけません。患者が希望する施術方法をそのまま実施するのではなく、カウンセリングをしっかりして原因を見定めて、患者に本当にあった治療方法を見極めて、提案してくれる医師が本当に信頼できます。小顔を得るための施術は施術自体は単純な施術ですが、それだけに高い技術と微妙な手技が必要です。ボトックス注射ひとつを取ってみても、使用する注射針や注入する方向や量が間違ってしまうと、頬がこけたような印象を与えて、不自然な顔になる可能性があります。美容整形外科の幅広い知識と高い技術力、および細かな点へのこだわりをしっかり持っている医師に施術をしてもらうべきです。

手術をする箇所と特徴

カウンセリング

小顔になる為の整形手術は、手術する箇所によって方法が異なります。自分の顔の特徴を理解したうえで、最適な手術を選択する事が重要です。また、手術を受ける前に痛みの有無やダウンタイム、感染症のリスクについて知っておく事も重要です。

もっと知ろう

太って見える大きな顔

笑う女性

小顔にするには脂肪溶解注射やヒアルロン酸注射などの整形方法があります。ボトックス注射でエラを小さくして小顔に見せることもできます。骨格が原因の場合は切開して骨を削る方法が取られます。費用は高額ですが半永久的な効果があり、長い目で見ればお得かもしれません。

もっと知ろう

人気の脂肪溶解注射

頬に手をあてる女の人

メソシェイプフェイスや小顔注射と呼ばれている小顔専用脂肪溶解注射は、注射を打つだけで顔を小さくすることができます。小顔専用脂肪溶解注射は、頬骨削りなどの美容整形手術とは異なり、骨を削る施術ではないので気軽に施術が受けられます。

もっと知ろう